読了

 2017-09-23
第151回(2014年)「破門」で直木賞受賞 黒川博行
大阪府在住
「疫病神」「螻蛄(けら)」「悪果」「繚乱」「離れ折紙」「後妻業」「勁草(けいそう)」等がある
関西ヤクザ、特殊詐欺、警察等が題材で大阪が舞台、知っている所が沢山出てきて面白い
映画化されたものもある
タグ :

スマホの仕組み

 2017-02-05
iPhoneとAndroidの違いやSIMカードの仕組みがよく解ります
タグ :

ただ今ベストセラー

 2016-08-27
田中角栄関連の本が売れているらしい
これは75万部!
市立図書館の本
タグ :

ただいま勉強中:その2

 2016-08-21
枇杷、八朔、檸檬、巨峰、梅干し用の梅
植えたいなぁ
タグ :

ただ今勉強中:その1

 2016-08-20
理想だな
タグ :

読了「頸草(けいそう)」

 2015-07-23
昨年の直木賞作家黒川博行が描き尽くす迫真の犯罪サスペンス
今回は「オレオレ詐欺」年間被害総額560億円!
大金を騙し取るために仕組まれた驚愕の犯行手口と悪辣な実態が描かれている
地下鉄阿波座駅も出てくる
タグ :

読了 黒川博行「後妻業」

 2015-05-28
「破門」で第151回直木賞受賞
大阪が舞台の作品が多いので面白い 「後妻業」では天神橋筋等が出てくる
1949年、愛媛県生まれ 大阪府立高校の美術教師を経て、83年に「二度のお別れ」が第1回サントリーミステリー大賞佳作を受賞、86年に「キャッツアイころがった」で第4回サントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞を受賞
その他の作品には「疫病神」「国境」「暗礁」「悪果」「繚乱」「落英」「離れ折紙」など
タグ :

読了 黒川博行「離れ折紙」

 2014-11-22
古美術、骨董の取引の話
文藝春秋に掲載された短編が納められている
騙すか騙されるかの取引 関西が舞台であるのでなおさら面白い
作者は今年直木賞を受賞
タグ :

駅に設置された図書返却ポスト

 2014-08-23
これだとわざわざ図書館に行かんでも通勤時に返却できますなぁ
タグ :

100万部突破の「人生はニャンとかなる!」本

 2014-01-12
68枚のカワイイ猫の写真とその写真にマッチしたキャッチコピー、さらに272個の偉人の逸話・格言で、人生で大切な教えが学べる新しいタイプの本
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫