FC2ブログ

綺麗に手入れされた伊豆のお寺

 2019-09-17
伊東市伊豆高原池区にある曹洞宗の龍渓院(りゅうけいいん)
植木や庭が綺麗に手入れされている
境内の紅葉も綺麗そうなので秋に来てみよう
未だ台風により浸水した田んぼの排水作業が続く、直ぐ近くにある
✳︎ 曹洞宗:日本仏教における禅宗の1つ 鎌倉仏教のひとつで、本山は永平寺(福井県)・總持寺(横浜市)


タグ :

木っ端微塵

 2019-09-15
空き地の草刈りや樹木の剪定で出た枝葉をこれで木っ端微塵にして敷地内に撒き散らす
これだと処理費用がかからない
蒔いた枝葉は枯れて腐葉土となる

タグ :

田畑が浸かったまま

 2019-09-12
ここから車で10分ぐらいの「池」という地区
9日の台風で土砂が水路をふさぎ水田の8割、およそ27ヘクタールが冠水
水路の土砂はまだ除去できていないが、国交省の排水ポンプ車が毎分12トンで排水を続けている
この水路というのはあの幻の滝「対馬(たじま)の滝」へ注ぎ込む対馬川の上流部 どうりで台風の後なのに川に水がチョロチョロとしか流れていないと思っていた
この地区は伊東の唯一の米所で、冠水している水田は広大な池を干拓して水田とした所 今年の米の収穫は0(ゼロ)だな 可哀想に・・・
自然豊かな里山の景観がひろがる「池」地区 2010年には上皇さまと上皇后さまが散策されたこともある
✳︎1枚目はネット上の写真 2枚目は現地へ出向き撮影


タグ :

台風爪跡

 2019-09-10

道路脇の桜の古木があちこちで倒れている
造園屋さんが大勢出て後始末をしていた
家々の庭もあるので当分仕事には困らないだろう

タグ :

ほんの横を通過しました

 2019-09-09
台風15号
6時間近く暴風雨が吹き荒れました 停電も断続的に発生 今は点いています
我が家は野菜やコスモスが寝そべっているぐらいで大した被害も無く一安心
周囲を見て廻るとレモンの木や植木等が根っこからひっくり返っている家もあります
タグ :

半身8800円の魚⁉︎

 2019-08-31
スーパーに55cm級の「メダイ」という地魚が半身8800円で売っている 一尾のままだと17600円!
いったいどういう魚だ?
メダイはイボダイ科メダイ属の一種
和名の”めだい”は漢字で”目鯛”と書き、見た目通りその目の大きさに由来する
山口や島根など山陰では「ダルマ」と呼ばれるほか、和歌山などでは「セイジュウロウ」、熊本から鹿児島、四国辺りでは「タルメ」とも呼ばれる
メダイは臭みやクセが無く万人受けする美味しい白身の魚で、適度な大きさと歩留まりの良さもあって人気が高いとある
下は60cm級ダツ
二つともいったいどういう人が買って食べるんだろう
✳︎文章の一部と2枚目の写真はネット上で収集

タグ :

伊豆高原最大級の流しそうめん

 2019-08-19
伊豆高原の不動産屋ミモザリゾートさんがやってる毎年恒例の流しそうめん 竹の切り出しから竹割、据付、流しまでスタッフ全員でやっている
暑い日差しの中そこは木陰になっていて別天地だった 夏休みの子供達のいい思い出になったことだろう


タグ :

伊豆といえば キンメダイ

 2019-08-16
この時期スーパーに沢山並んでいる リゾートシーズンで、そんだけ需要があるんだろう
これで一尾2780円也 結構お高いので別のショーケースのキンメダイの干物にした(爆)
正月は真鯛ではなくてキンメの睨み鯛(大晦日恒例の私の仕事)を焼いてみようかなぁ
キンメダイ
目が金色に輝き、魚体の色が赤いことから「キンメダイ」の名があるが、マダイやクロダイなどのスズキ目スズキ亜目タイ科とは異なる種類でキンメダイ目キンメダイ科に属する深海魚である


タグ :

いつものフィールドへ

 2019-08-07
城ヶ崎海岸大淀小淀(おおよどこよど)へ磯遊び
天然のプールになっているので水中観察が目的
網と水中眼鏡代わりのタッパーを持って(?)
小さな潮溜りにはあまり水中生物はいない
大淀小淀には上から見ても小魚や水中生物いたり海藻等が生えているのが判った
さかなクンになるつもりだったが
✳︎下2枚はタッパーを浮かべて水中が見える様子をスマホで撮影 ポトンと落としたら一巻の終わり


タグ :

 2019-07-27
台風6号影響による城ヶ崎海岸の波の様子
大淀小淀(おおよどこよど)では夏休み中の家族連れが海水浴をしていた 怖くないんだろうかと思ったりもした
二つ目は橋立(はしだて)吊橋の上から下の海岸の様子
もっと波高いと思ったけど、たいしたことないなぁ

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫