南海堂のげたんは

 2016-11-07
中部地方のスーパーに売っているではないか!
懐かしい味がした
「げたんは」
昔から鹿児島に伝わる素朴な郷土菓子。
この名は下駄の歯の意味で、もともとの格好が似ているところからこの名が付いたと云われる。
その昔、庶民の貴重品であった下駄と結び付けた発想はいかにも鹿児島(薩摩)らしいと、良く云われる。
九州産小麦粉、黒砂糖、鶏卵を主原料にして生地を作り、この生地を板状に延ばし焼き上げ、台形に切断し、それを黒砂糖の蜜の中に漬け込み、そのまま仕上げた水分の多い柔らかい菓子。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://vw4456.blog44.fc2.com/tb.php/2906-60abd376

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫